スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテ】水浸し電マPT反省会会場【メガデンリュウ+水浸しマリルリ】

2013.11.15.Fri
メガデンリュウマリルリ
今回はただの欠陥PTの反省会なので、期待はしないでください……


名前だけで出落ちてるPTですが、このPTを作るきっかけになったのは2つ

1.この前メガデンピクシーでローテ潜ってたら遭遇した水浸しマリルリに、トゲキッスを水タイプにされ、結果としてガブの地震の一貫が生まれてしまい、負けかけたという体験談

2.某氏のツイッターのこの発言事の発端2
※プライバシーに配慮して一部画像を隠しております。

ここまで揃ってしまったら、メガデンリュウ愛好家としては作らざるをえない!という気になり、その日のうちに水浸しマリルリを揃えてPTを作ってみましたので、ここに紹介しておきたいと思います。


◆メガデンリュウ(NN:ラインハルト)

性格:冷静
特性:型破り
持ち物:デンリュウナイト
実数値:197-X-126-238-130-45(最遅HC252 余りD)
技:10万ボルト 龍の波動 気合玉 コットンガード

この前のメガデンリュウ流用。このPTで使ってるときに気づいた事としては、少しずつ評価されつつあるメガデンリュウミラーになった時のために、「最遅メガデンリュウ(45)以上 最遅マリルリ(49)以下」の個体を採用した方が優秀じゃないかなと思いました。デンリュウミラーになったときはトリルする前からデンリュウを動かしたくなる状況だけど、お互いに龍の波動一発で沈むからネ。


◆マリルリ(NN:ソープバブル)

性格:図太い
特性:草食
持ち物:オボンの実
実数値:201-X-145-81-104-73(H204 B252 C4D28S20)
技:水浸し アンコール 光の壁 熱湯

至って普通な水浸しマリルリ。ちなみに厳選が面倒な上にアクジェや腹太鼓とは両立できません。。最近だとクリアさんの紅白戦PTに出てきてた印象が強いですね。このマリルリを育成する上でも参考にしました。やはり数字の通りの脆さです。2回動ければそれで十分といった感じでしょうか。

◆ナットレイ(NN:アーダンEX)
性格:暢気
特性:鉄のトゲ
持ち物:ラムの実
実数値:181-114-195-X-142-22
技:タネマシンガン ジャイロボール 鈍い 眠る

至って普通なナットレイ。水浸し系の構築とは相性がいいため採用。とか言ってたら
事の発端3
※プライバシーに配慮して一部画像を隠しております。
といったリプが飛んできました。ツイッター怖い。
使用した感想としては、もともと生意気HDを使ってた私にとって、B補正ナットはイマイチ使いづらかったように思います。どうせなら、勇敢にしてもっと攻撃系の調整を図った方が良かったかもしれません。でも、ガブの地震を耐えまくりたいならこれで正解なのか…?

残りは適当に
◆ガブリアス(陽気ASぶっぱ・拘りスカーフ)
前回PTから流用。とにかく水浸ししてガブの一貫を作りたかった。

◆サマヨール(暢気HBぶっぱ・進化の輝石)
前回PTから流用。とにかくトリルしてメガデンリュウの一貫を作りたかった。

◆ファイアロー(陽気HSぶっぱ・チイラの実)
ASぶっぱしたと思ったらHSだった。何が起こったか分からないと思うが俺にも(ry


コンセプトは「メガデンリュウの一貫を作る
前回のメガデンピクシーにおいて、トリルからデンリュウを動かす際、相手の並びが「妖精+ガブ」「ナット+ガブ」だった際に実質択ゲーになっていたように思います。ここで、もし相手のどちらか一方に水浸しを当てることができたらどうなるか。

a)妖精orナットレイに水浸しが当たった時⇒龍の波動の一貫(マリルリを56%~66%削れる)
b)ガブに水浸しが当たった時⇒10万ボルトの一貫


このように、従来の水浸し構築(ママンコウ系)と比較して、メガデンリュウはガブやナット以外に水浸しを当てても一貫を取れるようになっているので、ここに注目してこのPTを作ったのでした。






結果として、その目論見は外れてしまい、6勝7敗とかいう残念すぎる結果を招いたわけですが。


この目論見通りいかなかった原因は以下の3点です。

①メガデンリュウとサマヨールがセットでの選出を必要としていること。
そもそも最遅メガデンリュウはトリル下での行動回数の確保を目的としているため、通常時は滅多に上を取れません。そのためサマヨール(トリル)との同時選出がほぼ必須となっています。そうすると、基本選出が「メガデンリュウ+マリルリ+サマヨ@1」となり、アタッカー2サポータ2という非常に厳しい組み合わせになります。このような並びは過去にもマロドラン(マロクレセ+ドランハッサム等)や、蝶舞いバトン(モルフォンドータクン+ボルトロス@1)といったPTでも経験していますが、これらとは違い肝心のアタッカーが鈍足であるため、せっかく特定の技の一貫を作っても全滅させる前に全滅するようなことが多々見られました。

②サマヨール(トリル始動役)の持久力が低いこと。

サマヨールの耐久力は数字自体は高く感じられますが、再生技が無いために過労死しやすいです。肝心のトリルも1度展開するのがやっとであり、コイツ自身の戦闘力も非常に低いため、メガデンリュウの相方としては非常に物足りなく感じます。つまり、クレセリアはよ。

③PT全体が鈍足となること
前述の通り、メガデンリュウ+マリルリ+サマヨを組み込むと必然的にPTが鈍足になります。つまり、上から叩かれ放題なので、逆転の余地を与え放題なんですね。前のPTの「メガデン+サマヨ+ピクシー」の並びに似た感じですが、あちらと違ってアタッカーとなりうるのがメガデン1匹しかいない点も問題。展開力がないので、メガガルーラ等々にあっさり3タテなんかもされましたね。ああ、思い出したくない……

これらによって、非常に闘い辛かったです。もちろん、「初見殺し性能」だけは高いし、ナットレイや前述の「ガブ+妖精」の並びを行ってくる相手に対するメタ性能だけは高いので、そういった方には勝ててるように感じます。ですので、使うならやっぱり週末大会や紅白戦に限定されるでしょう。一発ネタのPTでした。


さて最後に、この反省を生かして次のPTの原案を投下していきたいと思います。

今回のメガデンリュウ+水浸しは、従来のライコウと異なりメガデンリュウが「龍」と「電気」という一貫が非常に取りやすい異なるタイプのメインウエポンを両方持っているために、「1体を水浸しにする」だけで動きやすくなる、というギミックでした。しかしながら遅いために行動できず、負けるという結果だけが残りました。
一方で、高速かつ龍と電気を両方使える夢のようなポケモンは「ゼクロム」しかいません。無理ですね。とすると答えは簡単で、龍と電気を2匹に分けてしまえばいいのではないでしょうか。

水浸しマリルリ+ガブリアス(orラティオス)+高速電気

この高速電気として使える優秀なポケモンがいるかどうかはまだ調べてませんが、例えばサンダーあたりを組み込んだら、地面の一貫も潰せて面白いかもしれませんね。メガライボルト?避雷針無しで動けると?

それではここまで読んでいただきありがとうございました。とりあえずしばらくはピクシーといっしょにレートを元に戻していこうと思います。ではでは。
スポンサーサイト

【XYローテ】ピクシー・メガデンリュウ入りPT【50戦を終えて】

2013.11.06.Wed
お久しぶりです。XY発売から1か月近く経ちましたね。私もようやくPTが完成して、wifiが安定して繋がるようになって、50戦程度潜り、ポケムーバ解禁までの2か月間しか楽しめないカロスローテを十分に楽しんでおります。

さて、今回はその50戦を回したPTの紹介と、反省、カロスローテへの所感でも適当に書いていきたいと思います。


メガデンリュウバンギラス光らないガブあーさんサマヨールピクシー

(元画像のサイズ差による圧倒的なメガデンリュウの存在感)

今回のPTのコンセプトは「対マリルリ・対ファイアロー」です。この2体は発売1週間あたりから強い強いと騒がれていたので、当然黎明期のローテにおいても脅威であると考えていました。また、概念としての「ガブリアス」、電気枠としての「ジバコイル」、驚異の種族値が恐れられる「メガバンギラス」も警戒してガブリアスが自然と入ってきました。流石概念。

以下個別解説。

◆メガデンリュウ(NN:ラインハルト)
性格:冷静
特性:型破り
持ち物:デンリュウナイト
実数値:197-X-126-238-130-45(最遅HC252 余りD)
技:10万ボルト 龍の波動 気合玉 コットンガード
弱点:龍・地・氷・妖 半減以下:炎・水・草・電・飛・鋼

最初に使いたいと考えたメガ枠がコイツ。ローテでゼクロムを使いたいというみんなの願いが現実となったポケモン。かわいい。対マリルリ・対ファイアローという当初のコンセプトから電気タイプを使いたいと考えたのですが、構築当時はジバコもロトムも持っておらず、また単純に使ってみたいという思いがあったので、コイツを軸にPTを考えていくこととなりました。当初はSを4振りマリルリ抜きにしてたのですが、どうせなら最遅で使えば?という意見を多数いただいたので、トリルPT用へと変わっていきました。
使用した感想としては、まさに「堅い・強い・遅い」といった感じでした。火力にばかり注目していて気づいてなかったけど、耐久の数字の高さが異常ですね。具体的には陽気ガブの地震を耐えられます(今の環境には珠ガブばかりいますが)。しかし、本来の使い方は豊富な耐性と高い数値を生かして攻撃回数を稼ぐポケモンであると言えるのではないでしょうか。
一方で火力はナットレイを気合玉1発で吹き飛ばす等、ある程度は持っていると言えますが、やはりメガネ電気・メガネラティに慣れた方からすれば物足りなく感じる部分はあると思います。ですので運用方法としては、先述のように耐性をうまく活用して後続のために敵を疲弊させたり、一貫する攻撃を打ちやすいという点に着目して、ピクシー等で削った相手へのトドメとして活用するのが有効でしょう。
なお、コットンは他に優秀な攻撃技が無かったので採用しました。もしも積むことができれば一瞬で防御2.5倍になるキモチワルイ技なので、持っていて損することはないでしょう。

◆バンギラス(NN:スマラグダス)
性格:意地っ張りor陽気
特性:砂起こし
持ち物:襷orバンギラスナイト
実数値:使い分けてるため省略(意地HA252or陽気AS252)
技:ストーンエッジ 地震 噛み砕く 瓦割or竜の舞

メガバンギ使いたくて育てたはいいけど、メガデンリュウ派になってしまったせいで完全に作り直した。通常時は意地っ張りで、たまに陽気でメガバンギ化させてたり。ファイアロー耐性という点で採用していますが、メガデンリュウで十分ですね。おそらく後日この枠をハッサムに変えると思います。

◆ガブリアス(NN:リガルエッジ)
性格:陽気
特性:鮫肌
持ち物:突撃チョッキ→拘りスカーフ
実数値:183-182-116-X-105-169(陽気AS252 余りD)
技:地震 逆鱗 アイアンヘッド ドラゴンダイブ

ローテの概念。その強さゆえに今回も採用。最初は持ち物が迷走してましたが、メガデンリュウの項にもあったようにトドメとしての性能を重要視したためにスカーフに変更。5世代の時も言ってたように思いますが、スカガブは心に安心を与えてくれます。特にトリル軸で作ると決まった時には、高速AT枠は必ず採用したいと考えていますので、自然とスカーフとなりました。もちろん、今作ではフェアリーが登場したことで安直な逆鱗は撃てず、またフェアリーを含む並びには必ず水ロトムやファイアローといった浮いてるポケモンがいます。それを叩き落とすのが最初の3匹の役割でしょう。もっとも、ファイアローは後ろからトドメを刺すために出てくることが多いですが……

◆トゲキッス(NN:エルウインド)
性格:臆病
特性:天の恵み
持ち物:スカーフ→ソクノの実他
実数値:160-X-116-172-135-145 (最速CS 余りB)
技:エアスラッシュ 大文字 波動弾 欠伸

弱点:毒・電・氷・岩・鋼 半減以下:草・悪・闘・虫・地・龍

スカーフをガブリアスに奪われた結果抜け殻となってしまったこの子。持ち物が迷走してる点もしっかり継承中。選出機会もほとんどないし、神速いれるのも忘れてる模様。追い風・スカーフ以外の有効な使い方募集してます()
一応、ガブリアスを完封しうる耐性、相手にスカーフを認識させる圧倒的存在感を持っているので、多少なりとも相手の選出に影響は与えているのでしょうが……

◆サマヨール(NN:オブシディア)
性格:暢気
特性:お見通し
持ち物:進化の輝石
実数値:147-X-200-X-151-27 (HB252 余りD)
技:ナイトヘッド 鬼火 トリックルーム 痛み分け

トリル役。最初はパンプジン使ってましたが、キッスのエアスラ1発で沈む姿に失望し、安定した耐久を持つこちらにシフト。(でも本当はブルンゲル使いたい)
初手の敵ガブリアスの鬼火警戒身代わりを誘発するあたりが面白いですね。ここはピクシーの積み起点にしていきます。

◆ピクシー(NN:せーら)
性格:図太い
特性:天然
持ち物:オボンの実
実数値:201-X-137-113-110-83(H244 B252 S12/C個体値妥協)
技:ムーンフォース コスモパワー ちいさくなる 月の光

弱点:毒・鋼 半減以下:闘・虫・悪・龍

今回の発掘枠。特性天然はマリルリの腹太鼓アクジェや剣舞ガブの地震も無力と化してしまうところに着目。6世代のタイプ変更によって、ヌオーと違って耐性的にも攻撃範囲にも恵まれたフェアリーとなり、前作までと異なり十分に闘える性能となったのではないでしょうか。詰ませ役としても削り役としても優秀です。
もちろん、毒々やトリック耐性は皆無ですし、素の耐久は低いため、弱体化したとはいえ急所が怖いのは事実(ロトムのワロポンに吹っ飛ばされたりネ)。それを並びでカバーしていきたいものです。
それから、メガハッサムやメガクチートに抜群とられてしまう点も否めなかったり、ナットレイに有効打がなかったりもします。
さて、このピクシー。実は詰み技として瞑想、攻撃技としてアシストパワーを持っています。今回は採用を見送りましたが、スペースを空けたりPT単位で工夫すれば、採用する余地はあるかもしれませんネ……


基本選出はサマヨール ピクシー メガデンリュウ-ガブリアスですね。というかそれ以外の選出をほとんどしていないという罠。たまにガブとデンリュウの順番が入れ替わります。また、勝敗は38勝12敗でした。毒々つらい。メガクチートつらい。
特にサマヨピクシーメガデンリュウだと鈍足3匹の並びになってしまうので、上から良いようにやられてしまうのが辛いですね。一応トリックを警戒するためにサマヨでお見通ししたり、メガデンリュウで牽制はしてますが、毒々耐久を並べられると胃が痛くなります。早急なハッサム搭載が望まれている気がします。


さて、最後にカロスローテとメガシンカ枠についての所感。
カロスローテは12月末まで限定で楽しめる新ルール、という印象です。私自身ローテレートを本格的に始めたのがBW発売1年後であり、ある程度環境が煮詰まってからではあったので考察の余地があまり残っていませんでしたが、今は新環境において考察の楽しみとかを改めて楽しんでおります。

今作は天候が弱体化した代わりに超強力な先制技を撃てるポケモンが増えており、またそれらが手軽に準備出来てしまうことに課題があるように思います。つまり、一手の過ちが今まで以上に重くなりうるということですね。ですので、その一手で低レート・高レート共に負けないよう、それをカバーするパーツを揃えておきたいように思いました。まだ未開拓のポケモンも多々いると思うので、今後の考察に期待です。

それからメガシンカについて。当初はメガバンギラスのキモチワルイほどの種族値が注目されていましたが、メガバンギもメガガブもレートではあまり見ず、どちらかというとメガクチートやメガハッサム、メガガルーラの方が多数見られます。
バンギもガブも元々強いためわざわざメガ化させなくても良いということでしょうか。ハッサムは珠よりメガシンカの方が安定しますし、メガクチートやメガガルーラに至ってはもともとローテにいない新種のポケモンとして扱えるメリットがありますね。
メガシンカ枠は、強化枠というより新種のポケモンとしてみなすぐらいがちょうどいいように感じました。そう考えると、もっと考察のし甲斐があるポケモンがいると思いますので、これは今後の課題ということにします。タイプの変わったメガリザードンXやメガボスゴドラ、メガギャラドス、メガサーナイトなんかは面白そうですよね。

というわけで、今回はこれぐらいで。中身のない拙い長文でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。



~11/9追記~
バンギをハッサムにしたらとりあえずレート1875ぐらいまではいけたので一応書いておきます。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。