スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受動的補助技くろいきり@ローテ

2014.09.26.Fri
くろいきり

黒い霧について最近TLで議論することがあって、ついには仕事中も黒い霧の事が頭から離れないぐらいになってたのでなんだろ私黒い霧に恋してるのかな状態になったので酒飲みながら適当に黒い霧についてまとめてみるテスト


◆補助技「黒い霧」について
"場の全てのポケモンの『のうりょくランク』を±0に戻す"

あると便利技シリーズが1つ。元々私は受け身な思想持ってるので、「マリルリに腹太鼓される前に倒す」能動的対策に加えて、「マリルリに腹太鼓された後になんとかする」保険が欲しいわけです。その思考が故に、特性天然で対策しようとXY最初期にピクシー使い始めてローテ上位に行ったのもの懐かしいものです。今やそのピクシーが対策対象ですからねゲヘヘ

さてこの黒い霧の「能力ランクのリセット効果」ですが、活躍する場面は大きく分けて3つです

a)腹太鼓マリルリ・剣舞メガクチート&ハッサム・グロパンガルーラに代表される、相手のポケモンの攻撃上昇状態を解除し、「相手の攻撃の一貫」を防いで負け確定場面を防ぐ

b)ちいさくなるピクシー&シャンデラに代表される、相手のポケモンの回避上昇状態を解除し、「詰みゲー」状態を解決する

c)オーバーヒートシャンデラ・流星群キングドラに代表される、自分のポケモンの能動的攻撃下降を解除し、駒として再利用する

cは論外なのはみなさんご存知の通りです。そんなことしてる暇あったら眼鏡かけて殴れ
そういうゲームですからね。

それからbについて。ちいさくなるによる回避戦術ですが、対処法は当然たくさんあります。
一番簡単なのが「詰まれる前に殺れ」といったものです。もちろんこれに対抗して、ニャオクシー等の壁戦術等が生まれましたが、こちらも催眠等を駆使すればこの攻略法が達成できるはずです。
あとは毒々、滅びの歌。特に後者はこちらもマリルリに搭載できるので便利ですね。それ以外だと微妙性能のポコモンを採用せざるを得なくなって残念無念かもしれないネ
最後に一撃必殺技。どうせ当たらない。4回試行しても4回とも当たらない。運に頼るのはみなさん嫌いだと思いますので、これは無視していきましょう?

最後にaについて。これも同様に対処法がありますが、どちらかというと、先に倒せというのが一番でしょう。
また、仮に詰まれた後でも、これらのポケモンのAを下げれるギルガルドとか、先制技の上から殴れるファイアローとかとか、便利な方法は沢山あります。

ま、ぶっちゃけ剣舞やグロパンは積み技としての展開速度は並なので、普通にやってればなんとかなると思うし、1度積まれただけで積むことはないでしょう。問題はマリルリの腹太鼓ガチャ。ベースがジャンケンのこのローテというゲームで、1ターンの隙を許した瞬間A4倍になるわけです。頭おかしい。皆さんも低レートの太鼓ガチャ1回許してピンチになったことは1度はあるでしょう?そんなわけで対策としてアローやガルドをPTに入れたり、電気ポコモンで殴るわけですが、アローはともかく、ガルドはただの運ゲーだし、電気ポコでなぐろうとしてもガブとかマジやめて状態になるわけですねつらすぎ

なので能動的対策として電気ポコなどを入れると同時に、今回の受動的対策法である黒い霧を採用することが、効果的でないかと考えるわけです


◆黒い霧とクリアスモッグの比較
①クリアスモッグは鋼に効かない 黒い霧は誰でもOK☆
②クリアスモッグは不意討ち発動させる 黒い霧は安全☆
③クリアスモッグは覚えるポコモンが火・毒中心 黒い霧は水・毒中心
④クリアスモッグは身代わりに無効(notシャンデラ) 黒い霧は貫通

⑤クリアスモッグは相手の能力変化だけ打ち消す 黒い霧は自分も(≒積めない)
⑥クリアスモッグは択外しても相手の襷潰せる 黒い霧は外したら無駄ターン化


③の項目の関係で、マリルリのアクジェに対して警戒レベルを下げつつ(半減しつつ)攻撃上昇を無効化できるのは、黒い霧!!!

◆飽きたので理論まとめ
クリアスモッグと違って、攻撃積み型ATにもマリルリにも対抗できる黒い霧って想像以上に便利じゃね????

でも、黒い霧を当てる相手がいない時に腐らないポケモンにしないと、ゴミとなるヨ!!








・・・・・・じゃあゴミにならないポコモンってどんなのだろう????

◆具体的用法
アクジェを気にせず黒い霧を遣えるポコモン

①シャワーズ
みんな大好きブイズ。願い事・欠伸と言ったサポートに特化しているうえに、貯水によって、どんなにHP減っててもマリルリの前で腐らない仕様。技の例としては、熱湯黒い霧願い事欠伸。ぶっちゃけ黒い霧切って守る入れた方が強く感じる。マリルリ眠らせればいいし。でもピクシーのためだけに黒い霧外せない、可哀そうな子

②ニョロトノ
貯水ニョロに需要があるかはさておき、アンコや催眠術など、邪魔する技については多数取り揃えております!ヤッタネ!!
雨トノの空き枠に入れてもいいのかもしれないが、その場合は雨アクジェ注意

③メガカメックス
TLでカシスさんがアピールしてたけど、他の黒霧ポコモンに比べて殴れるだけの高い攻撃力を持っていることがポイントだと思う。強いかどうかの判断はお任せし舞うs。

④クロバット
水半減じゃないけど、追い風できるし、どくどくや怒りの前歯等の便利技が揃ってるから、空いてる枠があるなら入れてもいいかもしれない。アクジェで死にそうな顔してんな。

⑤ヤミカラス
マリルリに先行して黒い霧撃てるけど、イカサマでいいのでは説ある。

◆結論
黒い霧を覚えられるポコモンを採用するなら、是非とも切り返しの技として採用したい。
黒い霧のために特定のポコモンを採用するのは見送った方がいい。
黒い霧以外の性能を評価して、採用の有無を決めよう。

おわり(39分23秒)

スポンサーサイト

【ローテ】第19回京大カップ【オフレポ】

2014.09.07.Sun
昨日の京大カップのオフレポを記憶が鮮明なうちにと書いていこうかなと思います。
昨夜酒飲んで寝たらかなり記憶吹っ飛んでったけど……



 当日まではとりあえずまったくポコモンができず、前日に土日の仕事を片付けてとっとと帰宅。そこから壁ラティの準備やらシフターやらを済ませその他もろもろで寝たのは1時半。そして当日は6時に起きて7時には地元の駅に。
 当初の予定ではJRの普通のを乗り継いでいく予定が、突然の電車遅延。普通乗継では遅刻確定。ということで見切りをつけてとりあえず名古屋に行き、新幹線を使うことに決定。

 行きの新幹線ではツイッター見つつPT編成をし、この段階でようやくPT完成。そして到着予定時間の1時間前には京都到着。とりあえず駅のカフェで時間を潰してから、適当に(案内所のお姉さんに尋ねて)バスに乗って現地へ向かいます。
 しかし、現地では集合場所が分からず20分ぐらいウロウロ。公式では「叡山口改札」とあったけど正しくは「叡電口」だったようです……服を着たなつぽんともっここさんを見つけようやく合流。そしてしばらくしてから京大の方に移動を開始しました。

 会場に到着して最初に行われたのは組み分けテスト。「(ステータス画面での表示が)威力120以上の技を書け(全52個)」という問題でしたが、結果は39点。シンクロノイズーとかげっぷとか、皆なんだそれ状態。なお、可も無く不可も無くな点数だったようで上から9番目でした。40点が一つのラインだったのかな?
 そこから組分けをされ、零度グループに……


Right いっしー せてぃぼん なつぽん もっここ tatikawa うさぎ


ローテプレイヤー 隔 離 状 態



■1戦目 もっここ
ガブリアス バンギラス ギルガルド クレセリア ファイアロー ニンフィア

 お互い朝の新幹線でPT組んでたのでウォーミングアップ状態。ギルガルドとニンフィア怖くてドランランド入れたけど、今思うとコイツらいるからガルドニンフは選出難しかった説ある。

○もっここ:バンギ ガブ クレセ-裏アロー
×せちぼん:ハッサム シャワーズ ヒードラン-裏ランド

 序盤は比較的優位に回し、中盤でガブクレセアローVSシャワーズドランランドの並びとなり、ランドによってこちら優勢な削り合いを展開できた(ガブとドランが残ってる時点で、優勢という表現は不適かもしれない)。しかし展開を急いだ結果ガブの地震をドランに合わせられ、クレセの突破ソースがほぼなくなり、降参。最後は「ランドのサイキネ連打でDダウンワンチャンじゃ~~」とか言ってたけどそもそも特性力ずくでD下がらない。


■2戦目 うさぎさん
シャンデラ 化ボルトロス ニンフィア パルシェン バンギラス エルレイド

 自己紹介の際に、京大ポケサーによるラブライブ推しメン発表が続く中、「いばって勝ちます」発言してたうさぎさん。PTもなるほど確かにちいさくなる・いばる・電磁波撒くといろんなものが揃ってますヤバイ。

×うさぎ:バンギ ボルト パルシェン-裏ニンフィア
○せちぼん:ハッサム ヒードラン シャワーズ-裏ランドロス

 初手でボルトの電磁波を受けつつも大文字で燃やしたヒードラン。しかし問題の2ターン目。パルシェンの前でドランが痺れて動けず、無償殻破りを許してしまう。と思ったら、今度はボルトの威張るがこちらのメガハッサムに当たり、ハッサム超強化。ついでにボルトが落ちて相手はバンギパルシェンニンフィアという並びに。その上自傷を一度もせずに混乱が解除し、A2発上がったハッサムのバレットの一貫で終了。安易な威張る、良くないということを改めて考えさせる試合であったかもしれないネ(今思うと、ハッサム突破ソースの問題だったかもしれないけど)

■3戦目 Rightさん

ガブリアス マリルリ ガルーラ クレセリア 霊獣ボルトロス ファイアロー

 ここまで2勝しているRightさん戦。予選突破する時、テスト結果判定になった場合は正解数の関係で敗退となるため、ここで確実に勝たない限り、厳しいと言えるだろう。またPTも比較的スタンダードなメンバーであり、ローテレートで遊んでる時ぐらいには気を引き締めることとなった。

×Rightさん:忘れた(ボルト クレセ アロー @1)
○せちぼん:ハッサムライコウシャワーズ-裏カイリュー

 序盤は優位な選択を繰り返し、ハッサムを舞わせ、壁を展開することができた。ところが、中盤でハッサムを失い、クレセリアの突破ソースに悩むこととなったが、シャワーズの欠伸&願い事とライコウの壁を活かしてクレセリアを停止。カイリューを2度舞わせ、神速の一貫を作り勝利。比較的理想的な勝ちパターンを実現できたように思う。



 ここでお昼休みとなり、京大の学食へ。一般的な国立大学の生協運営であったが、目を疑ったのはパフェやソフトクリームの存在(この辺は名大のカフェにもあった記憶が)、そして謎のケバブコーナー。当然ケバブに行ったのであった。お値段412円は一般的生協の定食価格と同等であり、普通においしかったが、アレが常設というのは何とも言えない気持ちになるのであった……

 そして午後の試合開始。この時点で2勝1敗で三すくみ状態なのはRightさん、もっここ君、私の3名。そして、いっしーさんが一人3戦全勝という状態。ここで、予選突破をちゃっちゃと決めるべく、いっしーさんに試合を挑むのであった……



■4戦目 いっしーさん
ドリュウズ クロバット ハッサム スイクン エルフーン デンリュウ

 私のPTの課題となる高火力電気ポケモン・メガデンリュウの登場ということで、予選突破最大の壁であることをひしひしと感じる。また、予選「零度グループ」内で唯一零度スイクンを扱うということで、一撃技による不運の負けも覚悟しつつ、選出を行った。

×いっしー:エルフーン スイクン デンリュウ-裏ドリュウズ
○せちぼん:シャワーズ ヒードラン ハッサム-裏ランドロス

 みがやどエルフーンVSヒードランの我慢比べ。オフならではの煽りあい。結果として文字を外すことなくエルフーンにトドメを刺せたことで、ほとんど勝利を確実なものとした。あと零度は当たらない(フラグ)。

■5戦目 tatikawaさん
バンギラス ドリュウズ トゲキッス フシギバナ ガブリアス サンダー
 京大への道中や昼食の時間に、超ローテ初心者と語るtatikawaさん。PTは課題に対して「個」で対策を図った感じがする並びであり、久々のサンダー等がいたが、眠り粉が撃てるフシギバナや、高種族値が並ぶ以上。決して油断はできない。

×tatikawa:サンダー ガブリアス フシギバナ-裏トゲキッス
○せちぼん:シャワーズ ハッサム ヒードラン-裏ランドロス

 悪夢の耐久サンダー降臨。ランドロスのPPをゴリゴリ削られたのは辛いといえた。また、シャワーズの欠伸をことごとくガブリアスの身代わりに合わせられてピンチにはなったが、ドランの文字急所でサンダーをサイキネ一発圏内まで削れたために終盤の詰め作業が安定して行え、勝利。

■6戦目 なつぽん
デンリュウ クレセリア 水ロトム ナットレイ サザンドラ ファイアロー
 ラストはなつぽん。服は着てる。課題となるメガデンリュウを含むこともあるが、やはり脅威となるのはその経験量。

×なつぽん:サザンドラ デンリュウ クレセリア-裏ファイアロー
○せちぼん:ハッサム ライコウ ランドロス-裏シャワーズ?(忘れた

 仕事するサザンドラにライコウを怯ませまくられ、ライコウは仕事をほとんどせずに終了。これにより、メガデンリュウ等にガンガン攻められて敗北の危機……ところが、突然後ろを振り向くなつぽん。

「回線なんか切れたんだけど;;」

再戦。壁貼ってメガハッサムで殴って勝利。怯ませるサザンドラは強い。


6戦やって結果はこちら。グループA
とりあえず5勝1敗で予選通過(直接対決の関係で2位通過)。
オフ参加2回目でとりあえず目標を達成できた感じ。また、隔離されたグループA内でしっかりローテ勢が2人とも予選を突破したことで、カナダから文句を言われることもないだろう

そして決勝トーナメントへ。いきなりたまごんさんと潰しあう羽目となったもっここさん。そして私はローテ始めて1週間という弥生さんと対戦へ……

■決勝トーナメント 準々決勝 弥生さん
ガブリアス ニャオニクス ギルガルド トゲキッス マリルリ ウルガモス
 当初考慮に入れていた、壁+積みと見られるPT。しかし、ウルガモスを前にして有効打を持つ物理アタッカーがいないという致命傷。せめてマリルリ、ガブリアスがいれば……

弥生:ニャオニクス ウルガモス ガブリアス-裏マリルリ
せちぼん:ライコウ ハッサム ランドロス-裏シャワーズ

 壁に対して適度に舞って壁終了と同時に殴る流れを想定。しかし、壁下とはいえ、2ターン目でランドロスの大地の力がウルガモスのHPを1/4も削れず、心が折れかける(後で聞いたところ、HDベースらしい)。ここから心のブレーキがオフに。「地割れの一貫」とか呟きながら地割連打。しかし4発撃って1発も当たらず(約25%)ランドロス死亡。決して悪くない賭けではあったが……
 中盤はシャワーズの黒い霧を合わせてウルガモスを無力化したりしたものの、最後はリフレクターを展開されたまま2舞ハッサム(眠り)VSウルガモス(HP満タン) ニャオニクス マリルリ(HP満タン)という負け状態。勝ち筋は壁貫通のバレット連打のみ……

「ハッサムのバレットパンチ!急所に当たった!」

\ウォオオオオオオオオオオオ!!!!!/

「ウルガモスの炎の身体で火傷した!!」

/ウォオオオオオオオオオオオオ!!!!╲

 歓喜と悲鳴が同時に聞こえた後は、マリルリとの削り合いに負けて敗北。なお、火傷もらってなかったらきっとニャオニクスが欠伸してきて結局負けてたのではないか説あるヨ。


 その後は、3位決定戦で大画面で緊張するもっここ君見たり、ひゅーずさんに紅白戦での一件を謝ったりその他もろもろで、楽しく過ごし、夕食は帰りの電車の関係で二次会に参加せず、なつぽん、もっここ君とお好み焼きを食べに行きました。開幕生ビール3体並べてました。なつぽんはとうとう服を脱ぎませんでした。

 そしてバスで京都駅に戻り、新幹線で名古屋に向かい、そのまま帰宅して構築記事を書き、寝て起きてバイト行って現在に至ります。超適当でしたが私の2回目のオフ会はこんな感じで終わりました。

 今後ますます休みが取りづらくなりそうですが、また機会があれば是非参加したいなと考えています。ありがとうございました!

 それでは、また次の記事で。












オマケ
適当なオフメモ(箇条書き・順不同)
・今回の総出費は新幹線約10000円+食費2500円+お土産(?)1000円+お茶・各種交通費等1000円。リッチに新幹線を使ったが、一般車だけなら半額で済んだのもまた事実。まあ、時は金なりというし、妥当ではなかろうか。
・モバイルバッテリーを持ってなかったが、本オフ会を通して非常に必要性を感じた。ぶっちゃけ日本国内なら、財布(とキャッシュカード)と、携帯のバッテリーがあればどこ行こうがなんとかなる。安全な旅のためにも購入を検討したい。
・京都大学に併設されてた博物館が気になるのでいずれ行きたいところ。
・一度なつぽんのオススメするお店で食事をとってみたい。
・関西のお好み焼き屋は美味い。
・京都の街にはカップル多すぎ。爆発しろ。
・新幹線が快適すぎて、広島も九州も行けそうな気持になる(休みくれ)
・自己紹介ラブライバー多すぎて白目。
・ついでに自己紹介時近隣ポケサー多すぎ。4年前とかポケサー自体レアだった記憶が。
・「どこのポケサーの方ですか?」「一般人です」
・not大学生4人しかいなくて白目。
・ポケカ勢多い。もっと積極的に観戦に行けばよかった。
・時間あるときスクフェスやってる人多数。
・人力車は高い。そして謎のポイントカード制。
・ロケットずつきは威力120以上。
・ダイヤストームは岩版リーフストームではない。
・ゆきたんくいい人説。
・ぼのぼのはすごい。
・なつぽんは服を一度も脱がなかった……


【ローテ】壁メガハッサムPT【第19回京大カップ使用PT】

2014.09.07.Sun
ハッサム♂ライコウ化身ランドロスシャワーズ色ヒードランカイリュー
 今回は9月6日(土)に行われた第19回京大カップ(以下京大ローテ)で使用したPTについて紹介します。
関係者の皆様、その節はありがとうございました。ちなみに、本PTで予選Aブロックを5勝1敗で同率1位(直接対決結果より2位)で通過したものの、決勝リーグ1戦目で負けました。適当なログ(という名の反省)はまた別の記事で紹介するとして、それでは解説したいと思います。


◆メガハッサム(NN:Red Dwarf)
性格:意地っ張り
特性:テクニシャン
持ち物:ハッサムナイト
実数値:177-201-179-X-120-168(H252 A100 B156)
技:バレットパンチ 虫食い 泥棒 剣の舞

◆ライコウ(NN:クラウディ)
性格:臆病
特性:プレッシャー
持ち物:光の粘土
実数値:166-X-95-167-120-183(H4 C252 S252)
技:10万ボルト めざパ氷 光の壁 リフレクター

◆化身ランドロス(NN:メガラニカ)
性格:臆病
特性:力ずく
持ち物:突撃チョッキ
実数値:175-X-110-157-100-168(H84 B28 C140 D4 S252)
技:大地の力 気合球 サイコキネシス 地割れ

◆シャワーズ(NN:ムース)

性格:図太い
特性:貯水
持ち物:オボンの実
実数値:235-X-118-131-116-85(H236? B212 C8? D4 )
技:熱湯 願い事 欠伸 黒い霧

◆ヒードラン(NN:Falaflame)
性格:控え目
特性:貰い火
持ち物:風船
実数値:189-X-127-191-127-113(H188 B4 C188 D4 S124)
技:大文字 守る 悪の波動 ラスターカノン

◆カイリュー(NN:DragoNEET)
性格:意地っ張り
特性:マルチスケイル
持ち物:命の球
実数値:166-204-115-X-128-125(A252 D60 S196)
技:ドラゴンクロー 神速 瓦割 龍の舞


 今回のPT構築は、先週のローテ紅白戦において感じた「メガハッサムをもっと有効に扱いたい」という気持ちを基に作成した。前回のPTは補助技を駆使して「隙を作る」ことをねらいとしていた。しかし、この場合は無力化した相手の前で詰めなかった場合、ある程度ダメージを受けてしまう。故にハッサムの場持ちが相手の選択に大きく依存することとなってしまう。そのため、シンプルに壁展開を行い、メガハッサムの場持ちをよくしていくことが今回のねらいとなった。
 
 メガハッサムの弱点は炎以外だと、メインウエポンを半減しつつ大ダメージを与えるボルトロス等の電気タイプが該当する。ここで、バンギを採用することによってファイアローに代表される炎ポケモンへの耐性を高めつつボルトロスに優位に立てるようにした。さらに不安な水耐性及び壁要因としてラティオスを並べ、バンギラティハッサムという5th懐古的な思想を持った並びを構築することに決定した。

 さてこの段階ではもちろんマリルリ耐性が非常に低い。そのためマリルリの突破or無力化、また(多分オフ会で使う人はいないだろうけど)ピクシーへの対策をも兼ねたポケモンが必要となった。そこで今回採用したのはシャワーズである。マリルリの腹太鼓は一瞬でも発動を許したが最後、強力なカードとして場に君臨し、圧倒的突破力でPTを壊滅させられるという危険性がある。もちろん、太鼓をされたターンに処理することが最善であることは自明であるが、当然マリルリ側も処理を難しくするために電気や毒に対して耐性のある並びで対抗してくる。そこで、万が一腹太鼓をされたとしても対処しうる方法を考えると、「ファイアローなどマリルリより速いポケモンの優先度+1技で早期処理」「特性貯水でアクジェ無効+Sマリルリ以上で処理」などが挙げられる。今回は個人的な好みの問題で、後者である「貯水によるアクジェ無効」を活用して、一手のミスによる敗北を回収して勝利へとつなげられるポケモンとしてのシャワーズを採用することにした。

・・・・・・ところが、問題は構築→演習をする時間が9月1日からの一週間には皆無であったということにある。

 当然のことながら新規育成はできず、また残り2体を検討する暇もなかったため、当日の朝の新幹線まで考え続けることとなった。
 ちょうどその時、ツイッターにて氏が「壁込でメガハッサムと組むなら壁ライコウ」とつぶやいており、この事から「バンギを採用しなければ地面耐性がややマシになり、ラティを採用する必要性がなくなる」と判断し、既存の発想を一回却下。メガハッサムライコウシャワーズというところから再度組み始めることにした。
 前述の通りメガハッサムは高火力電気に対する耐性が無く、シャワーズに至っては弱点となる。そのため、課題となるメガデンリュウ対策等を含めて化身ランドロスを採用。また、ファイアローやクチート、シャンデラに対する有効打の確保を意図して風船ヒードラン。最後に水耐性を持ちつつ炎技を打つことを躊躇わせる物理ATとして、願い事戦法と比較的相性が良いと言えるカイリューを採用するに至った。

以下超簡単に個別解説。


■メガハッサム
 舞ってバレット打つだけの簡単なお仕事。本大会は初心者が多く、流用が簡単で分かりやすい強さを持つ壁ニャオニクス入りPTが増えると予想していた。そのため、壁ターンに積み技を活用し、後半での逆転をねらうこれまた分かりやすい初歩的な壁PT攻略方法をとることを採用した。とにかく序盤に舞う。中盤から殴る。それだけでいい分かりやすい強さ。最大の弱点は壁関係なく炎技撃たれたら即死、であるがそこはハッサムを使う者の運命次第である。

■ライコウ
 至って普通な壁貼りライコウ。時々10万でアロー潰したり敵を削ったり。せっかくC振りなんだから、もっと積極的に殴ってもよかった。ところで5thからずっと全角5文字通常色使ってるので誰か余ってたら云々(ただの乞食)

■化身ランドロス

 超耐久により行動回数を確保したにも関わらず4回連打した地割れを一発も当てない本日の戦犯。ただし予選リーグにおいては、豊富な体制を活用し、サイコキネシスを連打することで相手をバレパン圏内に削るという仕事を全うしたことはもっと褒めてもいいだろう。相変わらずクレセリアに対する有効打を何一つ持ってないため、クレセリアのKPが高い本大会では扱い辛さが感じられた。悪の波動くれ。

■シャワーズ

 欠伸・願い事で全力サポート。特に最近の私のPTからは催眠が欠けてたため、要所要所で踊り手(ハッサムカイリュー)を支援して勝利につなげることができている。強い。ただ、わざわざ守るを切ってまで本当に使いたかったのは黒い霧。ぽんぽこマリルリに対してはアクジェを無効化orじゃれつくされる前にAを0にできるという強みがあり、またピクシーに対してはちいさくなるだけでなく、「アッキの実のB上昇分」も含めて無効化できるので、文字通りの最終手段。ただし択当て必須なので運用機会は少ない……技スペ5つください。
 なお、余談だがこのポケモンは4th厳選勢時代のポコモンであるため、めざ炎といいつつも一部個体値を甘えている。そのため、近いうちに作り直す必要があるかもしれない。

■ヒードラン
 火力厨HCベース。でも最近S70族もドリュウズもいないし、S振り切ってもいいのかもしれない(適当)。なお、竜の波動は流石に切った。シャワーズと合わせることを想定して、守るを習得させたが、使う機会は一度もなく、身代わりの方がよっぽど効果的だったかもしれない。

■カイリュー

 最後のピースとでもいうべきポケモン。壁・願い事と非常に相性がいい上に、耐性も優秀、さらにアローやマリルリを上から叩ける文字通り勝利確定カードになりうる。6thでは隠居生活となり、めっきりレートで姿を見せなくなったまさに幻のポケモンであるが、やはり神速の強さはバカにならない……対ガルドを除く。



 選出としては
①ハッサム ライコウ ランドロス-裏シャワーズ
②ハッサム ランドロス ヒードラン-裏シャワーズ
③ハッサム ライコウ シャワーズ-裏カイリュー

などが実際行われた。場合によって壁戦法やシャワーズによるかく乱を諦めることも必要ではあった。

 具体的な対戦メモはまた後日書くが、全体の反省としてはやはり物理AT(特に地面・岩・ノーマルの打点)不足を感じたということだろうか。また、敵のクレセリアの処理方法を明確にできるポケモンを増やしておかないと、耐久PTに好き勝手やられそうではある。

 まあそんなこんなで、適当に組んだこのPTで決勝に一応進出できたので。京大ローテを見学していただいた皆さんも、興味はあったけど実際参加できなかった皆さんも、適当にPT組んでローテ始めてみましょう。適当に組んで適当にウィーンガシャンしていれば勝てます。

 ではでは、また次の記事で。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。