スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテ紅白戦PT】メガオタマローテ構築【※】

2013.08.31.Sat
今回はSTARさん主催のローテ紅白戦(夏)にて使用したPTを紹介していきたいと思います。

紅白戦に臨むにあたって、最初はオタマロを使おうと思ったんですが、今までチーム戦でオタマロ使って勝てたことが1回もないんですよね。
一方、前回の紅白戦ではオタマロを捨て、偽装バンドリュを使用して勝利することができました。となると、やはりオタマロを捨てて真面目なPTに挑戦するべきでは……

メガシンカ

新しく第六世代から導入されるこの新システム。公式からの発表によって、多くのプレイヤーが様々な思いを抱いたことでしょう。もちろん私も、

「オタマロってメガシンカしないんですかね?」

ぐらいの希望は抱きました。ええ、どうせ幻想に決まっています。オタマロがメガシンカするわけがな

メガオタマロ
オタマジャクシであるオタマロに手足が生える。どうみても、メガオタマロです本当にありがとうございました。



茶番はさておき、こんな感じで「メガオタマロ軸」をテーマに組んでいった今回のPT紹介に入っていきたいと思います。

メガオタマロバンギラスラティアス色ナットレイライコウファイヤー

◆メガオタマロ(NN:Mega-Maro)
性格:意地っ張り
特性:すいすい
持ち物:オボンの実
実数値:174-150-120-X-111-109
技:滝登り 瓦割 身代わり 腹太鼓

今回の主役。最初は陽気にして最速にするつもりだったが親がいなかったため意地っ張りで妥協。その分、スカーフキッス抜き程度にSを押さえ耐久に振りました…が、コイツはなんとA252振りしないと腹太鼓前に一致瓦割でHAバンギが落ちないことが判明したため、結局砂ダメを押さえるHPに調整して残りBDに振る形に。
基本的には不意を打って腹太鼓を積んでおき、ラティアスで雨乞いして無双するのがお仕事。本戦前のフレ戦では、スカガブを抜けないことに困ったものの、再育成の暇がなかったのでこのままで突入。
身代わりする暇があれば腹太鼓をするべき、ということと、無天候時腹太鼓滝登りでクレセリアが落ちないということをフレ戦では学びました。貧弱すぎ。


◆バンギラス (NN:한카리아스)
性格:勇敢
特性:砂起こし
持ち物:黒い鉄球
実数値:207-190-130-X-134-59
技:噛み砕く ストーンエッジ けたぐり 投げつける

ハイパーボールハングルバンギラス。メガマロと同じく煽り役。なおNNの意味は……
相手に天候の主導権を握らせたくないと考えたので採用しました。ボルトロスやブルンゲルに対して圧力をかける目的も。でも、いつも鉢巻バンギラスを使ってたので、少し火力が物足りない。


◆ラティアス (NN:Mythmaker)

性格:臆病
特性:浮遊
持ち物:ハバンの実
実数値:175-X-122-131-151-178
技:龍の波動 波乗り サイコキネシス 雨乞い

事前に過去のニョロボン入りローテパを調べたところ、その多くがニョロトノとの両立でした。しかし、明らかな電気耐性の低さと、腹太鼓失敗時のニョロボン自身の弱さを考慮すると、ニョロボン中心のPTを組むのはリスキーであり、手動雨と組み合わせるのが有効であると判断しました。そして電気やガッサに強く天候始動として安定した耐久を持つラティアスを採用するに至りました。
特筆することはありません。ただ、耐久について物足りない部分があり、動けても3回、を意識して雨乞いするタイミングを窺う必要がありました。一方で、素早さが高く、行動保障されている点は非常に心強かったです。NN的に、本当は竜星群を採用したかったんですけどね。


◆ナットレイ (NN:Big Crunch)
性格:慎重
特性:鉄のトゲ
持ち物:カゴの実
実数値:181-115-151-X-184-40
技:タネマシンガン ジャイロボール 眠る 鈍い

ブルンゲル嫌だなぁ ガブリアス嫌だなぁと思って最後に採用した1匹。詰ませる性能に期待しており、ほぼHDに近い配分だったはず。前も何かのPTで使ってると思うのでコイツも特に書くことがありません。


◆ライコウ (NN:クラウディ)

性格:臆病
特性:プレッシャー
持ち物:光の粘土
実数値:166-X-95-167-120-183
技:10万ボルト 目覚めるパワー氷 光の壁 リフレクター

当初、壁サポートを組み込むつもりでいて、ラティアスに雨と壁を両方仕込むつもりでしたが、サイコキネシスも波乗りも切れない状況だったので、電気ポケの中でもサポートに優れたコイツを採用。当初はスカガブ警戒で風船とか持たせてたけど、フレ戦で機能しなかったので、より現実的な効果を求めて粘土に変更。やはり火力が物足りない。


ファイヤー (NN:ゼウス)
性格:臆病
特性:プレッシャー
持ち物:拘りスカーフ
実数値:165-X-111-176-105-155
技:暴風 大文字 目覚めるパワー闘 寝言

ニョロバンギラティライコウまで決まった後、ナットが重いと感じ、強力な炎を組み込みたいと思ったものの、メガマロドラン(爆笑)とか組んだら格闘ポケに蹂躙されるなぁ、と気づいたときにひらめいた1匹。持っていなかったので知人に借りてきました。ガッサにも有効で、地震耐性も上がったのでフレ戦では猛威を振るいましたね。本当に助かりました。


基本選出はバンギニョロファイヤー(orライコウ)+ラティアス
ですね。ニョロが止まるPTがほとんどなかったので。ナットレイはほとんど出番がありませんでした。

展開こそ遅いものの、序盤で腹太鼓さえしてしまえば勝てるこのPTは、レートの連戦ではない紅白戦ならではのPTと言えるでしょう。一方で、このPTは火力が非常に低く、ニョロボンと鈍いを十分積んだナットレイ以外では、暴風連打や噛み砕くでチマチマ削っていかないと勝てません。もう1匹エース級のATを組み込んでも良かったかもしれませんね。ラティアスをジュエルラティオスにしたり、ナットレイを別のポケモンにしたり。



さて紅白戦では、兵士戦2戦目として、白組のジョーさんと対戦しました。そのログは次の記事の方で紹介したいと思います。それでは、また次の記事で。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。