スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【XYローテ】ここ最近の使用PT【オタマロ入り他】

2014.03.31.Mon
otamaro<久しぶりマロ!

とりあえず、リアルの方でひとつの節目を迎えることになったので、
ここ2ヶ月ぐらい使ってたPTについて適当に書いていこうかなと思います。



①マロガルドver.2.0(2月上旬)
Lv1オタマロ@気合の襷
ガルーラ@ガルーラナイト
ドリュウズ@拘り鉢巻
なにか3体

物理ギルガルドが使いこなせなかったからと次に手を出したのが一発ネタ。
本当にこの時期迷走してた。マリルリにもピクシーにもシングル流用にも蹂躙された
勝率も久々に5割切って死にたくなった(※1)。


②バルジーナ入りメガデンリュウPT(2月中旬)
デンリュウ@デンリュウナイト
ブルンゲル@カシブの実 or ムウマ@進化の輝石
コバルオン@ラムの実
ガブリアス@突撃チョッキ
バルジーナ@ゴツゴツメット
トゲキッス@スカーフ

アシパ無効かつギルガルドに優位に立てる(気がした)バルジーナへの期待が(個人的に)高まってた時期。
また、トゲキッスがつらすぎて遂に5世代ローテの亡霊が1人、ブルンゲルに手を出してしまう……
結論から言うと、相手のフェアリーや高速ATに蹂躙されていくダメなPT
また、ガルーラピク死ー対策にムウマの試験運用を始めたが、バルジーナもいたことがあって選出機会が少なかった。
そもそもこの時期はDQM2やってたり、バイトで鬱気味になってたこともあってポケモン自体触れてないという説も。



③オタマローテPT(2月下旬~3月中旬)
Lv1オタマロ@気合の襷
マリルリ@オボンの実
テラキオン@ラムの実
ムウマ@進化の輝石
霊獣ボルトロス@拘りスカーフ
ガルーラ@ガルーラナイト

シーズン3始まってからリハビリついでに使い始めた叩き台PT。初心に戻り、
スカーフボルトやらラムテラキを入れて少しでも威張る・キッスに対するイライラを軽減。
ガルーラピクシーや厄介な相手には滅びの歌連打のムウマを採用。

感想としては、とにかくオタマロが邪魔。後はキッスを上から殴れる手段の存在は安心を感じる
一方で、レートにおけるKPの高いギルガルドやファイアローに強いカードが非常に少なく、ブレバ〆を回避する手段を他にも複数必要であると感じた。
特に、ブレバ〆は1発受けることが前提になりがちなので、対応ポケモンが削れてくるとどうしようもない場面が多い
その点のヒントをこの時期のTLやこのPTの運用によって得られたため、これを3月下旬のPTに生かすことにした。


④電マムウマ(3月下旬)
デンリュウ@デンリュウナイト
マリルリ@オボンの実
ムウマ@進化の輝石
テラキオン@ラムの実
ヒードラン@スカーフ
ランドロス@突撃チョッキ

詳しくはこちらの記事を参照→【ローテ】電マムウマ【メガデンリュウ】

以上をもって、この2ヶ月の迷走したPT作りについてのまとめを終える。
一手の隙も許さない強力な積み技や、高火力の先制技を使うポケモンの増加で、Sギミックという概念が非常に薄れてきて早数ヶ月。
相手を決してワンキルできない、致命打を負わせられない(※2)Lv1オタマロが入り込む隙が、今のローテからは無くなったようには感じた。

4月からはまた新生活が始まり、ローテレートに潜ることができる機会もぐっと減るだろう。
その中で、ストレスのたまる(※3)オタマロ入りPTを使うことはほとんどなくなるかもしれない。
だからこそ、先人の過ちを基によりよいPTを作った、第二、第三のオタマローテ勢がこの先現れることを、私は期待している。











なお、この先一年間も一応潜るつもりなので会ったらよろしくお願いします。


~脚注~
※1 私の5thマロドランの勝率は5割5分、5th・6thのオタマロ入りを除く勝率は6割。いかに雑なPT作りをしていたかが分かる。
※2
FE暁の某緑風的なもの。この戦いにはついていけないのに選出必須なあたり、緑風の方がオタマロより酷い。
※3 オタマロの死因1位はギルガルド、2位はガルーラと、オタマロが一矢報いることすら適わない相手ばかり。突然変異してタイプが無・霊になって欲しいものだ。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。