スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ローテPT】いつかのネオマロドラン【紅白戦使用構築】

2012.08.29.Wed
今回は8月25日~8月27日に開催されたローテ紅白戦において紅組の私が使ったネオマロドランver.1について書いていきたいと思います。企画運営のアティエスさん、お疲れ様でした。そして本当にありがとうございました!





まず今回の構築についてですが、前々回の記事で挙げた
・中速ばかりで速攻できない
・全体的に火力が低い
・ブルンゲルに対する有効打がガッサぐらいしかおらず、またガッサ自身が即死しやすいため択ゲーを引き起こす。
・雨に対する有効打がオタマロしかおらず、根本的な対策になっていない
・砂(特にバンギ)に対する対策がガッサぐらいしかおらずry

というマロドランの弱点を解消しようという目的をもって構築を始めました。

その結果、普段のレート構築で使っているスカーフガブリアス、及び火力厨の末路と言わんばかりのFCボルトロスを採用することで解決できるのではないかという安易な考えに至りました。
大半が前回記事で挙げたマロドランのメンバーの流用ですが、変更点に関しては赤字で示してあります。

Lv1オタマロ@気合の襷(性格適当努力値無振り・貯水)
がむしゃら こごえるかぜ まもる どくどく
今回のマスコット。相手にオタマロ対策となるポケモンが3匹以上いれば選出する気は最初からありませんでした。どちらかというと相手にプレッシャーをかける要因として入れています。もちろん相手が雨であれば大きな影響力を持ちますが、今回は対戦相手のもっここさんのPTが6匹全て対マロ性能を持つポケモンであり、存在が論外な状態となっておりました。


ヒードラン@オボンの実(臆病CSベース・貰い火)
だいもんじ りゅうのはどう だいちのちから みがわりorちょうはつ
今回のメイン。ヒードランに関しては、C130を生かす構築を作った方がいいのではないかということをマロドランにて学び、その結果レートにて手動晴れ眼鏡ドランでそれなりの結果を出すことができました。その流れを受けて、クレセサポート込でブルンゲルごと燃やすことを考えていました。
今回の試合について、多くの反省点を作ったポケモン①。私自身のドラン運用の経験不足が現れた形となりました。相手ドランの風船を読めているのであれば、それを割るのはドランであっても構わない、という事実に気づいたのは対戦後というオチ。次に生かしましょう。

キノガッサ@命の珠(陽気AS・テクニシャン)
マッハパンチ タネマシンガン ローキック キノコのほうし
相変わらずブルンゲル対策ですね。ただ、今回は都合によりクレセのトリルを切ったことで若干動かしにくい状態になっていました… コイツについては特に書くこともないですね。

クレセリア@ゴツゴツメット(図太いHB・浮遊)
サイコキネシス こごえるかぜ つきのひかり にほんばれ
雨対策がオタマロしか存在しない反省点に対する解答として、日本晴れを投入。代わりに、トリルを削ることにしました。トリルを切ること自体には抵抗はありましたが、レートと違い1戦のみということを考えると、トリルを切ったPTでも大丈夫ではないかと判断。
今回の試合について、多くの反省点を生み出したポケモン②。相手後続を考えるとクレセを落とせないのは明白で文字色したが、回復をしたい状況を考えればもっと早い段階で日本晴れをしておくべきでした。

ガブリアス@こだわりスカーフ(いじっぱりAS・砂隠れ)
げきりん じしん ダブルチョップ いわなだれ
レートPTから流用。ガブリアスについては、後半の詰めとしての性能に期待して投入することが多いのですが、今回も同様。ついでに砂対策も兼ねてます。

霊獣ボルトロス@たつじんのおび(臆病CS・蓄電)
10まんボルト めざめるパワー氷 きあいだま わるだくみ
基本はスカガブor壁ラティとセットで組み込む悪巧みボルトロス。ブルンゲルへの打点として組み込みました。気合玉の対ドラン性能にも期待していましたが……


さて、この構築をそんなに回す暇もなく、またローテ構築の基本である耐性チェックも行うことなく登録してしまったのですが、お分かりのようにパルシェン耐性が最悪です。はい。そりゃ神速カイリューと悪戯心ボルトがいなくなれば最悪になりますよね。幸いパルシェンが登場せずに済みましたが。


今回もっここさんとの1戦と通して改めて自分のプレッシャーへの弱さとPT理解の甘さを痛感させられました。自分でも悪手だとはっきり言える手もあり、そういう点で落ち着いた選択をするための経験を積む必要があると自覚させられました。また、初見殺しPTでもないので、PTバレなど気にせず積極的にレートにて回していくことが重要であるということ、あとはクレセドランの回し方についてを学べた、貴重な1戦だったように思います。


中身のない拙い文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。
それではまた、どこかの記事で。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。