スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】ブレイブリーデフォルト感想【前編・ストーリー&システム編】

2012.11.04.Sun
今回は、2週間前に購入した3DSソフト「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー」(以下BDFF)を先日ようやくクリアしましたので適当に感想をまとめていこうかなと思います。

ただ、まだプレイしている方や、買おうか悩んでいる方もいるので、中盤以降(水のクリスタル解放後)についてはネタバレを極力控えて、ぼんやりと伝えていこうかなと思います。

もちろん、少しもネタバレされたくない方は、ブラウザの戻るをクリックしていただけると幸いかと思われます。
それでは、振り返っていきたいと思います。

■ストーリーについて
ストーリーについては中盤ぐらいまでは王道といった感じで、可もなく不可もなく、といった感じではないでしょうか。敵役も癖がある奴らが揃っていますが、まさに敵役と言った感じですよね。

ただ、それもあくまで中盤まで。後半(5章~6章)からは伏線回収が加速し、いい意味で期待を裏切ってくれます。
謎の核心に近づいていくにつれ、早くゲームを進めたくなる気持ちが増していきました。詳しくは実際にストーリーを進めて体感していただければと思います。

しかし、問題が1つ。その後半からは、ストーリー的な事情により作業感が増してしまうということです。もともとジョブシステムを採用しているために作業感が強いゲームですが、メインストーリー的にもシステム的にも作業感が増すことで、プレイが面倒になるんですよね。
Dの手帳を埋めるためにサブイベントをやりたいと思う気持ち」と「早くメインストーリー進めたいのでサブイベント無視したい気持ち」が終始せめぎ合う、それが、このゲームの後半の問題であると思います。私も、合計3つほどのサブイベントを無視して先に進めてしまったのですが、今思えば少しもったいなかったかもしれません。まあやり直す気はさらさらないのですが……


■戦闘システムについて
やはりBDFFの戦闘と言えばブレイブ・デフォルトシステム(およびBPの存在)がポイントですよね。このBPをためる、前借りするという概念は非常に面白かったと思います。もっとも、普通に戦った場合は「雑魚戦ではBPを前借りして1ターンで決着をつける」「ボス戦ではBPを最大まで溜めてから一気に攻める」の2パターン程度に収まってしまうのですが、ここに「BPを増やす技」「BPを消費する技」が存在することでいろいろとやれることが広がったかなと。詳しくはジョブ編にて書いていきますが、この2つを組み込むことでボス戦をより楽しめると思います。

ただまあ、結局従来のコマンド式戦闘であるために単調になってしまっている点は否めないでしょう。私個人としてはある程度満足していますが。
あとは、ボス敵のほとんどが人間であるために、相手の攻撃すら単調であることも一つの問題なのかもしれません。FF5ほどテクニカルな攻撃をしてくる敵がいないんですよね、今思い返すと……


■育成システムについて

ジョブ育成ですが、Lv9までは比較的簡単に上げることができるので、サクサクいけて楽しい感じです。また、シナリオが後半になればなるほど高JPを得られるようになるので、わざわざ稼ぐプレイをするぐらいなら先に行った方がよいというのも、FF5から比べて大きく改善された点なのではないでしょうか?特に、新しいジョブを試そうと思った時に、まったく育ってないが故に使い物にならなかったFF3に比べ、今回はすぐに実践レベルまで育てられるので、いろんなことが試せたように思います。
サポートアビリティについても王道のようなものから独特な効果を持つものまで多種多様のものが揃っているのでいろいろ試す価値があるでしょう。まあ強いものは名前からして強いので、頼ってしまいがちですが……


■通信関連について
とりあえず一言。フレンド登録はできるだけたくさんやっておきましょう。私は後悔しました()



■Dの手帳について

最後にコレについて触れていきます。発売前は「未来のことが書いてある手帳」「当然ネタバレ要素もあるが、読んでも読まなくてもよい」などなど言われてましたし、実際中身を読むと先の事についてまで書いてあるのでついつい敬遠しがちになってしまうと思いますが、私としてはこれは読んでおくべきだと思います。単純に読み物としても面白いですし、ストーリー的にも非常に重要な代物ですので。あと、読んでいたからこそ気づく何かもあるはずです。


とりあえずはこんなところにしておきます。それではまた、後編で。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。