スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(((・´◡`・) (()∋2012年まとめ

2012.12.31.Mon
あっという間に2012年も終わろうとしています。いやー早いですねー

なんとなく今年1年を振り返って適当に書いていこうかと思います。だらだら書くので多分読みづらいと思いますがお気になさらず。

と言っても私がローテを本格的に始めたのは去年12月。丁度ファミ通杯が終わったタイミングでしたので、それについて触れつつ3期に分けていく感じです。

~前期~ (2011年12月~2012年3月)
ファミ通杯が終わって、さらにいろいろと準伝理想個体が揃って本格的にローテを始めた感じの時期。とりあえず最初はリィズさんや某バンギさんのブログを読んでこれが面白そうとかあれが面白そうとか考えながら組んでいました。
メインで使っていたのはガブリアスやジバコイル、ビリジオンと無難な感じだったPTであった記憶があります。
ママンコウも使ってみてたかな?結果として勝率は5割超えない感じでしたが、あの頃はまだ初心者らしい気分であったように思います。
レートリセット前だったこともあって、onomaさんやヒシンさんのブラックカードやなつぽん氏のゴールドカードに恐怖してた時期でもありました。

~中期~(4月~7月)
結局自分で組んだPTが一番面白いだろうという思考の元、シングル時代に一番性に合っていた悪巧みボルトを軸としたPTをメインで使っていた時期。相変わらず勝率は5割を超えないままでしたが、壁ラティとATボルトの組み合わせはつえーなーと感じてました。今思えば、「自分で組んだPTは自分に馴染んでるから強い」ってことなんじゃないかな、と思います。使い方が本能で分かっている。コレ大事。

毎週金曜日がバイトであった前期と違い、今期は金曜が休みだったため週末大会にも積極的に参加でき、無事1度優勝することができた時期でもあります。今でもあのクレセリアは愛用してます。一番使ってる気がします。

そしてBW2発売。環境変化。この新環境で最初に私が選んだのは厚い脂肪マンムーでした。一致氷は便利でしたが、ドラン相手に等倍文字で普通に燃やされるのは何とも……

そして7月下旬のある日、帰りの電車であることを閃いて……

~後期~(8月~12月)
otamaro
閃いた結果がコレだよ!!!

この時期からほとんどマロドランです。オタマロ入りばかりしか組めなくなりました。と言いながら、2回ほど浮気しました(ママンボルト・もちオフPT)が、前者は適当すぎてボロ負けでした。一方マロドランの方は、初期型(当ブログ記事参照)の方ではあまりの脆さ、択ゲーっぷりにより負け越しとなっていました。その一方で、6期後半~7期において使用したマロドラン結論PT(同じく当ブログ記事参照・バンギ入り)の方では比較的安定して勝て、オタマロ入りのPTで1600を超えるという目標をクリア、またチーム戦のPTでは一応1700を達成できました(ただし肝心のチーム戦は全敗)

ただし使いやすさは、前者の結論PTの方が断然上だと思います。オタマロ使ってるなーって感じになるし。

また、この頃から紅白戦やオフに積極的に参加するようになりました。ツイッターもフォローが増えました。惜しからむは、来年は私生活が一気に忙しくなるということでしょうか。もっと早くからやってたらよかったですね、ロテレー。

まあそんな感じで、ローテ初心者がとりあえずそれなりに勝てるレベルまでに成長した、と言った感じの1年間でした。ローテーションバトルは勝ち方さえ掴めれば、いわゆるクソゲーとなる場面が少なく、初心者でも厳選勢でも非常に参加しやすいルールなのではないかと思います。難点を挙げれば、フリーとレートの格差が決定的であること、レートで遭遇しうる相手がほぼ全員ガチ勢であるがゆえに、最初の頃は負けを重ねることになるということ。この2点を乗り越えられるだけの意欲があれば、これほど恵まれた対戦環境はないかと思います。あとは連戦さえなくなれば……

そんなわけで、来年も可能な限りローテーションバトルを楽しんでいきたいなと考えております。
それでは、またどこかの記事で。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。